まだまだ寒い日が続いてますが、お身体には充分注意してください!

[iPhone]リンゴループになる原因と対処法

リンゴループとは・・・?

アップルのロゴマークが繰り返し表示され、ロック画面やホーム画面に進めなくなる症状!

では何故?リンゴループになってしまうのか・・・???

リンゴループの主な原因は以下の通りです。

ストレージの容量不足が原因でリンゴループ

iPhoneのストレージですが、容量に空きがない状態で使い続けると「動作が重くなる」「アプリが起動できなくなる」「リンゴループになる」などのさまざまな不具合が発生します!

以下のようなメッセージが表示される場合にはストレージが圧迫された状態ですので、早急に写真や動画の削除、アプリのアンインストールなどで対応する必要があります!

  • iPhoneのストレージがいっぱいです
  • 写真を撮影できません
ストレージ容量を確認する方法


手順 ①:[設定]アプリを開く ⇒ [一般]をタップ ⇒ iPhoneストレージをタップ


手順 ②:[設定]アプリを開く ⇒ [一般]をタップ ⇒ [情報]

※空き容量は、最低 1GB以上確保するように注意しましょう!

iOSのアップデート失敗

iOSアップデート(ソフトウェアアップデート)が失敗する原因としては、以下のようなものがあります。

  • ストレージの容量不足
  • アップデート中に電源がオフになった
  • 安定していないWi-Fiに接続してアップデートを行った

通信速度の安定しないフリーWi-Fiなどはアップデート作業に適していませんので、ご自宅や勤務先などに設置したWi-Fiで、時間に余裕がある時に安定した通信環境でアップデートを実施するようにしましょう。

※ ストレージの容量不足、iOSアップデート失敗でリンゴループになってしまった場合の対処法!

iPhoneを「更新」または「復元」することで、リンゴループから高い確率で抜け出すことができます。
ただし、iPhoneを復元すると写真・動画やアプリなどを含めたすべてのデータが消えてしまいます。

基盤故障でリンゴループする

「落下などの強い衝撃」や「水没」により、基盤が故障してしまうことがあります。
基板のICチップが故障することで起動中にエラーが発生し、リンゴループとなるケースも多く見られます。

パーツ故障によるリンゴループ

カメラゃホームボタンなど、パーツの故障でリンゴループになる場合もあります。

Touch IDに関連するホームボタン、イヤスピーカー&センサーアセンブリ、インカメラ&センサーアセンブリの故障によるリンゴループが非常に多いです。

リンゴマークが表示されて十秒ほどで消えてリンゴループする場合は、基板やパーツ故障の可能性がありますので、iPhoneを「復元」する前に一度ご相談ください!

iPhone修理のことなら
アフターフォロー万全のHOPEに
ご相談ください!
03-6657-9002

都営新宿線 船堀駅南口から徒歩4分

友だち追加
iPhone修理のことなら
アフターフォロー万全のHOPEに
ご相談ください!
03-6657-9002

都営新宿線 船堀駅南口から徒歩4分

友だち追加
カテゴリー
トラブル対処法
HOPE 船堀店をフォローする
HOPE 船堀店

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました