水分、塩分補給!熱中症には充分注意しましょう!

iPhoneの防水性能について!

先ずは知っておきましょう!

iPhone7以降のモデルは防水性能を備えていますが、「完全防水」ではありません!

Apple公式サイトでも説明されており、実は「防水」ではなく「耐水」という表記になっています。

iPhone は防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えています。実験室の管理された条件下でテストを実施済みです。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。水濡れによる損傷は、保証の対象外となります。

iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能についてより引用

実際どれくらい耐えられるのか?一覧表にしてみました!!

モデル保護等級耐えられる水深、時間
iPhone14 / 13 / 12シリーズIP68深さ6mまで、最長30分間
iPhone11 Pro Max / 11 ProIP68深さ4mまで、最長30分間
iPhone 11 / Xs Max / XsIP68深さ2mまで、最長30分間
iPhone SE第3世代 / 第2世代
XR / X / 8シリーズ / 7シリーズ
IP67深さ1mまで、最長30分間
iPhone 6sシリーズ以前非対応非対応
※参照元:iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について

iPhone7以降のモデルでも、「雨で濡れてしまった」「汚れが気になったので洗った」などで突然電源が入らなくなったと、持ち込まれた方が沢山おられます!

防水だからといって、お風呂に持ち込むのも控えた方が良いかと思います。

水没してしまった時の応急処置
  • 真っ先にiPhoneの電源をOFFにする!
    ここが重要ポイント!電源が入ったままだと、内部に入った水分でショートや腐食を早める可能性があります!

    ※ 基盤のICチップがショートすると致命的な損傷となり、大切なデータも取り出せなくなる最悪な状態になることもあります。
  • ケースを外し、水分をよくふき取る!
    すぐにiPhoneケースやアクセサリを外して、本体の水気をしっかりふき取りましょう。

    注意)本体を極力動かさずに拭くようにしましょう!
    中に入った水分を出そうと本体を振ったり、本体をぐるぐる動かしながら拭いたりすると、中に入った水分が広がり被害を広げる可能性があります。

    ※ 水以外の液体が付着してしまった場合は、その部分を水道水ですすいでください。


  • 乾燥させる!
    ジップロックのような密封できる袋に、本体をティッシュや水分を吸い取りやすい素材の布などで包んで乾燥剤と一緒に入れて2日~4日間乾燥させてください。

    ※ 早く乾燥させようと、ドライヤーの熱風をあてるのは(特に水以外の場合)腐食を早める可能性があるのでやめましょう。

以上、「iPhoneの防水性能について」と「水没した時の応急処置」について書かせていただきました!

いやいや…そんな2日~4日間も乾燥させてられないよぉ~(泣)という方は、お気軽にHOPEへご相談ください!

iPhone修理のことなら
アフターフォロー万全のHOPEに
ご相談ください!
03-6657-9002

都営新宿線 船堀駅南口から徒歩4分

友だち追加
iPhone修理のことなら
アフターフォロー万全のHOPEに
ご相談ください!
03-6657-9002

都営新宿線 船堀駅南口から徒歩4分

友だち追加
カテゴリー
お役立ち情報
HOPE 船堀店をフォローする

コメント